今話題の情報です

JKが読んだ小説の感想を淡々と上げていく


   

JKが読んだ小説の感想を淡々と上げていく

0  568×523
1以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/23(火) 11:17:37.661 ID:j7F3mdiOe.net

読んでる小説の偏りが激しい
好きな作家の本は何冊も出す
あんま面白くなかったやつは酷評するかもしれない

一応気を付けるけどネタバレ嫌な人は見ない方がいい

自己満スレだけど淡々と上げていきます

4以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/23(火) 11:18:38.929 ID:j7F3mdiOe.net

『君の膵臓を食べたい』 住野よる
君の膵臓をたべたい

友達が絶賛してたから貸してもらったけど、
読み終わっての感想は「へぇー」って感じだった
期待しすぎてたのかもしれない

あらすじは、病気で余命が残り少ない女の子と男の子が紡ぐ日々の中で、
青春のエピソードと交えながら、
ほろ苦かったり甘酸っぱかったりする感情を描いていくっていう感じです
『セカチュー』『余命一ヶ月の花嫁』『僕の初恋を君に捧ぐ』
とかのパターンですね

まず病気の女の子の描写が(っていうか地の文が)ラノベっぽくて「こんな女子いるの?」って思っちゃったし、
主人公の男の子に大した魅力が見つからず、どうして女の子が残り少ない余生をこの男の子に執着できるのか謎だった
けど読みやすかったし、一部分一部分では感動するような場面に出会えたところもあった
タイトルの意味もわかったときに「なるほどな」と思えた

でも正直に言ってしまうとここまで売れる意味はよくわかりません
セカチュードラマ版が好きだったこともあってやっぱり期待値が大きすぎたのかも

続きを読む

 - Uncategorized

×
Domain