今話題の情報です

デジタルタトゥーに悩む女性が急増


   

デジタルタトゥーに悩む女性が急増

個人情報はできるだけ少なくしないとねぇ

1:白百合姫@白百合姫 ★:2016/10/16(日) 21:33:10.03 ID:CAP_USER9.net
殺人にまで及んだストーカーが被害女性のあられもない姿をネットに公開した事件によって、ネットでの「リベンジポルノ」の危険性については多くの人が知るところとなった。いま、そこから一歩進んで、ネット上に残した痕跡が消せない「デジタルタトゥー」が大きな問題になっている。デジタルタトゥーが刻まれたことで人生を一変させられた女性について、ライターの森鷹久氏がリポートする。

 * * *

「デジタルタトゥー」

 ネット上に、たった一度でも個人情報などが拡散されてしまえば、その痕跡を完全に消し去る事が困難である事から、いわゆる「入れ墨」に例えて使われるようになった言葉である。今、この「デジタルタトゥー」に悩む若い女性が、とある所で激増している事実は、あまり知られていない。

 M子(23)は、ファッション雑誌やネット通販サイトでモデルとして活動していたが、ある日突然、一方的に事務所から解雇を告げられた。事務所側から送られて来た書面には「重大な契約違反」と記してあったが、実はM子には思い当たるフシがない訳ではなかった。

 大学三年の春、知人の紹介で東京・池袋のキャバクラでアルバイトを始めたM子。スタート時給は3500円。夜の10時から深夜2時まで、週に3~4回の勤務で、実家からの仕送りの3倍相当、約20万円以上の月給を手にしていた。ちょうどその頃、所属していたサークルの仲間からのあと押しもあり、M子は大学ミスコンにエントリーすることが決まった。

「当時は20歳でしたが、ミスコンへのエントリーが決まると、毎日飲み会が続きました。選挙と一緒で、いろんな所に顔を出さなきゃいけないんです。美容室に行く回数も増え、服だってたくさん買いました」

 飲み会が増え、キャバクラでのアルバイトも週に2日出られればいい方。支出は増えるが収入は減るという悪循環の中で、M子の頭の中はいつしか「手っ取り早く稼ぐ」事でいっぱいになっていた。しかし、切羽詰まってはいても、短絡的な稼ぎ方には当然抵抗があった。

「ミスコンに出るのに、夜のお店やアダルトビデオに出るなんて致命的じゃないですか」

 実際に2006年の秋、慶應義塾大学のミスコン参加者にアダルトビデオ出演疑惑が発覚。ネット上では大騒ぎとなり、渦中の女性はミスコンへの参加を辞退するまで追い込まれてしまった。とはいえ、カードも上限額を使い果たし、仕送りの家賃分にも手を付けてしまっていたM子。やむなく相談したのは、アルバイト先のキャバクラ店長だった。

「時給は増やせても千円。シフトに多く入ってもらうしか無いといわれましたが、後日”割のいいバイトがある”と連絡を貰いました」

 そのバイトとは「チャットレディ」といわれるもの。ネット回線を使い、男女がチャットを通じてやり取りをするスタイルで、男性側だけが料金を支払うシステム。以前はチャットといえば文字のみのやり取りによるものだったが、最近では女性側の”顔出し”と”ライブ配信”は当たり前で、かつ、そうでなければ男性客がつく事はあり得ない。後述するが、ここで男性側には”顔出し”の必要はなく、この構造こそが”デジタルタトゥー被害”を拡大させる、卑劣過ぎる動機を産み出す要因ともなっている。

「ただ話をするだけで時給二千円、自宅でも出来るといわれて魅力的な仕事だと思いました。顔を出すのには抵抗がありましたが、一対一だから安心。そう説明されてやってみたんです」

※続きはソースで
ソース:NEWSポストセブン
http://www.news-postseven.com/archives/20161015_456429.html

元記事:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1476621190/

続きを読む

 - Uncategorized

×
Domain